SASサンヨーエアポートサービス株式会社

先輩インタビュー

普通は入れない特別な場所が勤務地です。
昔から旅行が好きで、空港を利用することも多かったです。そんな時、いつも気になっていたのが空港の中で働く人たち。ビシっとしたかっこいい制服に身を包んで、テキパキと仕事をこなす姿や、“関係者以外立ち入り禁止”の場所に堂々と入っていく特別な感じに憧れを抱いていました。「私もあの場所に入ってみたい!」というのが、入社を決めた理由の一つですね(笑) 実際に働いてみると、いつもより近くで見る飛行機や、空港の裏側が知れるワクワク感はやっぱり大きかったです。それと、滑走路越しに眺める、冬の澄んだ空を朝日が照らす景色。あれは何度見ても感動もの。今日も一日頑張れそう!と思わされる光景です。

焦らずじっくりと続けることが成長のコツ。
入社してすぐは、座学研修を通じて会社の規定や制服の管理方法、挨拶の仕方など基本的なことを学びます。その中で、航空業界で働く上では欠かせない「スリーレターコード(※下記注釈)」も覚えていきます。その後は、比較的簡単な到着手荷物返却業務や、一時保管業務を通じて流れや雰囲気をつかんでいきます。私たちの仕事は作業や時間に正確性が求められるため、覚えることや細かな決まりも少なくありません。小さな失敗や、分からないことは誰にでもあるものです。先輩に教わりながら、焦らずじっくり覚えていくことが大切だと思います。

今度は私が助ける番。
イレギュラーな事態が起こった時や、手荷物の多い繁忙期には、「一人じゃ間に合わない…」といったケースも生まれます。そんな時は、すぐに先輩にヘルプ!必ず助けが駆けつけてくれます。もしもの時も、作業のフォローはもちろん、抜けがないかのチェックもしっかりと行ってくれるので安心して下さいね。先輩たちはそうした業務の時だけなく、普段からも何気ない会話でコミュニケーションをとってくれるので、話しかけやすく頼りやすい存在です。そんな人間関係で気を遣わないでいい雰囲気も会社の好きなところです。仕事の面でも、気持ちの面でも、これまでたくさん助けて貰った分は、今度は私が後輩に還していきたいと思っています。

普通は入れない特別な場所が勤務地です。

昔から旅行が好きで、空港を利用することも多かったです。そんな時、いつも気になっていたのが空港の中で働く人たち。ビシっとしたかっこいい制服に身を包んで、テキパキと仕事をこなす姿や、“関係者以外立ち入り禁止”の場所に堂々と入っていく特別な感じに憧れを抱いていました。「私もあの場所に入ってみたい!」というのが、入社を決めた理由の一つですね(笑) 実際に働いてみると、いつもより近くで見る飛行機や、空港の裏側が知れるワクワク感はやっぱり大きかったです。それと、滑走路越しに眺める、冬の澄んだ空を朝日が照らす景色。あれは何度見ても感動もの。今日も一日頑張れそう!と思わされる光景です。

焦らずじっくりと続けることが成長のコツ。

入社してすぐは、座学研修を通じて会社の規定や制服の管理方法、挨拶の仕方など基本的なことを学びます。その中で、航空業界で働く上では欠かせない「スリーレターコード(※下記注釈)」も覚えていきます。その後は、比較的簡単な到着手荷物返却業務や、一時保管業務を通じて流れや雰囲気をつかんでいきます。私たちの仕事は作業や時間に正確性が求められるため、覚えることや細かな決まりも少なくありません。小さな失敗や、分からないことは誰にでもあるものです。先輩に教わりながら、焦らずじっくり覚えていくことが大切だと思います。

今度は私が助ける番。

イレギュラーな事態が起こった時や、手荷物の多い繁忙期には、「一人じゃ間に合わない…」といったケースも生まれます。そんな時は、すぐに先輩にヘルプ!必ず助けが駆けつけてくれます。もしもの時も、作業のフォローはもちろん、抜けがないかのチェックもしっかりと行ってくれるので安心して下さいね。先輩たちはそうした業務の時だけなく、普段からも何気ない会話でコミュニケーションをとってくれるので、話しかけやすく頼りやすい存在です。そんな人間関係で気を遣わないでいい雰囲気も会社の好きなところです。仕事の面でも、気持ちの面でも、これまでたくさん助けて貰った分は、今度は私が後輩に還していきたいと思っています。

普通は入れない特別な場所が勤務地です。

昔から旅行が好きで、空港を利用することも多かったです。そんな時、いつも気になっていたのが空港の中で働く人たち。ビシっとしたかっこいい制服に身を包んで、テキパキと仕事をこなす姿や、“関係者以外立ち入り禁止”の場所に堂々と入っていく特別な感じに憧れを抱いていました。「私もあの場所に入ってみたい!」というのが、入社を決めた理由の一つですね(笑) 実際に働いてみると、いつもより近くで見る飛行機や、空港の裏側が知れるワクワク感はやっぱり大きかったです。それと、滑走路越しに眺める、冬の澄んだ空を朝日が照らす景色。あれは何度見ても感動もの。今日も一日頑張れそう!と思わされる光景です。

焦らずじっくりと続けることが成長のコツ。

入社してすぐは、座学研修を通じて会社の規定や制服の管理方法、挨拶の仕方など基本的なことを学びます。その中で、航空業界で働く上では欠かせない「スリーレターコード(※下記注釈)」も覚えていきます。その後は、比較的簡単な到着手荷物返却業務や、一時保管業務を通じて流れや雰囲気をつかんでいきます。私たちの仕事は作業や時間に正確性が求められるため、覚えることや細かな決まりも少なくありません。小さな失敗や、分からないことは誰にでもあるものです。先輩に教わりながら、焦らずじっくり覚えていくことが大切だと思います。

今度は私が助ける番。

イレギュラーな事態が起こった時や、手荷物の多い繁忙期には、「一人じゃ間に合わない…」といったケースも生まれます。そんな時は、すぐに先輩にヘルプ!必ず助けが駆けつけてくれます。もしもの時も、作業のフォローはもちろん、抜けがないかのチェックもしっかりと行ってくれるので安心して下さいね。先輩たちはそうした業務の時だけなく、普段からも何気ない会話でコミュニケーションをとってくれるので、話しかけやすく頼りやすい存在です。そんな人間関係で気を遣わないでいい雰囲気も会社の好きなところです。仕事の面でも、気持ちの面でも、これまでたくさん助けて貰った分は、今度は私が後輩に還していきたいと思っています。

3レターコードとは?

3レターコード(スリーレターコード)とは、空港を3つのアルファベットで表した世界共通のコードです。空港で預けた手荷物に、文字やバーコードが書かれたタグが付けられるのですが、その中にも記載されています。サンヨーエアポートサービスのお仕事でも、このコードが書かれたタグをもとに手荷物の仕分けを行います。入社後の座学研修で、まずは3レターコードを覚えることからはじめましょう!

コード例:羽田空港⇒HND コード例:羽田空港⇒HND
応募する