SASサンヨーエアポートサービス株式会社

先輩インタビュー

インターンシップで感じた“ギャップ”。
学生の頃にインターンシップに参加をしたことが入社のキッカケになりました。最初に感じたのは、人の良さ。緊張しないように話しかけてくれたり、丁寧に仕事内容を教えてくれたり…それだけでも「働きやすそうでいいなぁ」と思っていました。さらに入社の決意を固めてくれたのは、そんな先輩方の“ギャップ”です。限られた時間の中で正確な作業が求められるこの仕事。集中すべき時の機敏な動きや、スムーズな連携は、単純にかっこよく目に映りましたね。そんなオンの時とオフの時の切り替えを見て、ここで私もそんな風にかっこよく働いてみたいと強く思いました。

不安を解消してくれたのも、やっぱり先輩。
最初の数ヶ月は、研修や仕事に慣れるための簡単な業務から。当時から「私のせいで飛行機が遅れてしまったらどうしよう…」という不安はありました。そんな不安を解消してくれたのも先輩たち。極端に重たい手荷物は男性の先輩が運んでくれたり、時間が迫っているときに無線で助けを呼んだら何人もの先輩が駆けつけてくれたり…。そうしたありがたい環境の中でじっくりと仕事を覚えていくことができました。はじめて一人で一便を任された時も、やっぱり最初は不安と緊張があったけど、やりきった時の達成感も大きかったです。自分が携わった飛行機が目の前の滑走路から飛び立っていくダイナミックな様子は、なんとも言えませんよ。

任される喜びと責任感。
手荷物仕分けエリアには、「メイク」と呼ばれる9つのベルトコンベアーがあります。2年目にはそのうちの一つを、そして現在では9つ全体の現場責任者を任されています。担当する範囲が広い分、責任を感じますが、自分の仕事が認められている喜びでもありますね。不安ばかりだった昔の自分を思い出しながら、新人スタッフのフォローに駆け回る日々を送っています。そして、全体で30人程いる女性スタッフのケアや相談役も私の役目。女性ならではの目線で不安や悩みを解消することで、誰もが気持ちよく働ける環境を創っていきたいと思っています。

インターンシップで感じた“ギャップ”。

学生の頃にインターンシップに参加をしたことが入社のキッカケになりました。最初に感じたのは、人の良さ。緊張しないように話しかけてくれたり、丁寧に仕事内容を教えてくれたり…それだけでも「働きやすそうでいいなぁ」と思っていました。さらに入社の決意を固めてくれたのは、そんな先輩方の“ギャップ”です。限られた時間の中で正確な作業が求められるこの仕事。集中すべき時の機敏な動きや、スムーズな連携は、単純にかっこよく目に映りましたね。そんなオンの時とオフの時の切り替えを見て、ここで私もそんな風にかっこよく働いてみたいと強く思いました。

不安を解消してくれたのも、やっぱり先輩。

最初の数ヶ月は、研修や仕事に慣れるための簡単な業務から。当時から「私のせいで飛行機が遅れてしまったらどうしよう…」という不安はありました。そんな不安を解消してくれたのも先輩たち。極端に重たい手荷物は男性の先輩が運んでくれたり、時間が迫っているときに無線で助けを呼んだら何人もの先輩が駆けつけてくれたり…。そうしたありがたい環境の中でじっくりと仕事を覚えていくことができました。はじめて一人で一便を任された時も、やっぱり最初は不安と緊張があったけど、やりきった時の達成感も大きかったです。自分が携わった飛行機が目の前の滑走路から飛び立っていくダイナミックな様子は、なんとも言えませんよ。

任される喜びと責任感。

手荷物仕分けエリアには、「メイク」と呼ばれる9つのベルトコンベアーがあります。2年目にはそのうちの一つを、そして現在では9つ全体の現場責任者を任されています。担当する範囲が広い分、責任を感じますが、自分の仕事が認められている喜びでもありますね。不安ばかりだった昔の自分を思い出しながら、新人スタッフのフォローに駆け回る日々を送っています。そして、全体で30人程いる女性スタッフのケアや相談役も私の役目。女性ならではの目線で不安や悩みを解消することで、誰もが気持ちよく働ける環境を創っていきたいと思っています。

インターンシップで感じた“ギャップ”。

学生の頃にインターンシップに参加をしたことが入社のキッカケになりました。最初に感じたのは、人の良さ。緊張しないように話しかけてくれたり、丁寧に仕事内容を教えてくれたり…それだけでも「働きやすそうでいいなぁ」と思っていました。さらに入社の決意を固めてくれたのは、そんな先輩方の“ギャップ”です。限られた時間の中で正確な作業が求められるこの仕事。集中すべき時の機敏な動きや、スムーズな連携は、単純にかっこよく目に映りましたね。そんなオンの時とオフの時の切り替えを見て、ここで私もそんな風にかっこよく働いてみたいと強く思いました。

不安を解消してくれたのも、やっぱり先輩。

最初の数ヶ月は、研修や仕事に慣れるための簡単な業務から。当時から「私のせいで飛行機が遅れてしまったらどうしよう…」という不安はありました。そんな不安を解消してくれたのも先輩たち。極端に重たい手荷物は男性の先輩が運んでくれたり、時間が迫っているときに無線で助けを呼んだら何人もの先輩が駆けつけてくれたり…。そうしたありがたい環境の中でじっくりと仕事を覚えていくことができました。はじめて一人で一便を任された時も、やっぱり最初は不安と緊張があったけど、やりきった時の達成感も大きかったです。自分が携わった飛行機が目の前の滑走路から飛び立っていくダイナミックな様子は、なんとも言えませんよ。

任される喜びと責任感。

手荷物仕分けエリアには、「メイク」と呼ばれる9つのベルトコンベアーがあります。2年目にはそのうちの一つを、そして現在では9つ全体の現場責任者を任されています。担当する範囲が広い分、責任を感じますが、自分の仕事が認められている喜びでもありますね。不安ばかりだった昔の自分を思い出しながら、新人スタッフのフォローに駆け回る日々を送っています。そして、全体で30人程いる女性スタッフのケアや相談役も私の役目。女性ならではの目線で不安や悩みを解消することで、誰もが気持ちよく働ける環境を創っていきたいと思っています。

応募する