SASサンヨーエアポートサービス株式会社

先輩インタビュー

バレー部の経験が活きていると思います。
中学・高校とバレーボールをやっていました。部活を引退後、就職活動をする中で出会ったのがサンヨーエアポートサービス。ここで働きたい!と思った理由は、説明会などで伺った仕事の内容にあります。「自分の体を使って、日々、沢山の手荷物を運ぶこと」。「ミスや遅れが許されない責任があるということ」。そして、「多くの仲間と一緒に連携をしていくこと」…これらが凝縮された仕事だと知り、バレーボールで培った体力や精神力、学んできたチームプレイの大切さが、活かせると感じたのです。実際に働き出してからも、もちろん今でも、学生時代の経験が、確実な仕事の実践に役立っていると感じることは多いですね。

現場の司令塔として。
メイン業務である手荷物の仕分けをはじめ、現在では飛行機の運航状況や、全体の手荷物の情報などが集まるコントルームにて、作業指示を出すコントローラー業務も任されています。いくつものモニターに映し出される大量のデータ。それらを単なる数字として捉えるのではなく、今、現場で起きているリアルな状況に置き換えて、適切な指示を出していきます。この指示によって、組織全体のスムーズな業務遂行を生み出すことも、逆に混乱を生み出すことにもつながる大切な役割。「責任あるポジションを任されている」という自負を持ちながら、冷静で的確な指示を心掛けています。

“1番のチーム”を創り上げていく。
主任職として9名のメンバーをまとめる役割を担っています。10代の若手もいれば、中には70代のシニアスタッフもいるなど、性別や年齢はバラバラ。それぞれに伝わりやすい言い方や、モチベーションアップにつながるポイントを考えながら、チーム全体として質の高い仕事が出来るようなマネージメントを目指しています。私のチームの他にも12のチームが存在し、安全性や効率性、改善力や提案力など…様々な指針によって算出されるチーム別の表彰制度があります。目標にしているのは、その“年間1位”。その為にも、一人ひとりと向き合うことはもちろん、自分自身が仕事としても人間としても、認められ信頼される存在になることが大切だと考えています。「品田さんのチームでよかった!成長できた!」そう思ってくれるメンバーを一人でも多く育てていきたいですね。

バレー部の経験が活きていると思います。

中学・高校とバレーボールをやっていました。部活を引退後、就職活動をする中で出会ったのがサンヨーエアポートサービス。ここで働きたい!と思った理由は、説明会などで伺った仕事の内容にあります。「自分の体を使って、日々、沢山の手荷物を運ぶこと」。「ミスや遅れが許されない責任があるということ」。そして、「多くの仲間と一緒に連携をしていくこと」…これらが凝縮された仕事だと知り、バレーボールで培った体力や精神力、学んできたチームプレイの大切さが、活かせると感じたのです。実際に働き出してからも、もちろん今でも、学生時代の経験が、確実な仕事の実践に役立っていると感じることは多いですね。

現場の司令塔として。

メイン業務である手荷物の仕分けをはじめ、現在では飛行機の運航状況や、全体の手荷物の情報などが集まるコントルームにて、作業指示を出すコントローラー業務も任されています。いくつものモニターに映し出される大量のデータ。それらを単なる数字として捉えるのではなく、今、現場で起きているリアルな状況に置き換えて、適切な指示を出していきます。この指示によって、組織全体のスムーズな業務遂行を生み出すことも、逆に混乱を生み出すことにもつながる大切な役割。「責任あるポジションを任されている」という自負を持ちながら、冷静で的確な指示を心掛けています。

“1番のチーム”を創り上げていく。

主任職として9名のメンバーをまとめる役割を担っています。10代の若手もいれば、中には70代のシニアスタッフもいるなど、性別や年齢はバラバラ。それぞれに伝わりやすい言い方や、モチベーションアップにつながるポイントを考えながら、チーム全体として質の高い仕事が出来るようなマネージメントを目指しています。私のチームの他にも12のチームが存在し、安全性や効率性、改善力や提案力など…様々な指針によって算出されるチーム別の表彰制度があります。目標にしているのは、その“年間1位”。その為にも、一人ひとりと向き合うことはもちろん、自分自身が仕事としても人間としても、認められ信頼される存在になることが大切だと考えています。「品田さんのチームでよかった!成長できた!」そう思ってくれるメンバーを一人でも多く育てていきたいですね。

バレー部の経験が活きていると思います。

中学・高校とバレーボールをやっていました。部活を引退後、就職活動をする中で出会ったのがサンヨーエアポートサービス。ここで働きたい!と思った理由は、説明会などで伺った仕事の内容にあります。「自分の体を使って、日々、沢山の手荷物を運ぶこと」。「ミスや遅れが許されない責任があるということ」。そして、「多くの仲間と一緒に連携をしていくこと」…これらが凝縮された仕事だと知り、バレーボールで培った体力や精神力、学んできたチームプレイの大切さが、活かせると感じたのです。実際に働き出してからも、もちろん今でも、学生時代の経験が、確実な仕事の実践に役立っていると感じることは多いですね。

現場の司令塔として。

メイン業務である手荷物の仕分けをはじめ、現在では飛行機の運航状況や、全体の手荷物の情報などが集まるコントルームにて、作業指示を出すコントローラー業務も任されています。いくつものモニターに映し出される大量のデータ。それらを単なる数字として捉えるのではなく、今、現場で起きているリアルな状況に置き換えて、適切な指示を出していきます。この指示によって、組織全体のスムーズな業務遂行を生み出すことも、逆に混乱を生み出すことにもつながる大切な役割。「責任あるポジションを任されている」という自負を持ちながら、冷静で的確な指示を心掛けています。

“1番のチーム”を創り上げていく。

主任職として9名のメンバーをまとめる役割を担っています。10代の若手もいれば、中には70代のシニアスタッフもいるなど、性別や年齢はバラバラ。それぞれに伝わりやすい言い方や、モチベーションアップにつながるポイントを考えながら、チーム全体として質の高い仕事が出来るようなマネージメントを目指しています。私のチームの他にも12のチームが存在し、安全性や効率性、改善力や提案力など…様々な指針によって算出されるチーム別の表彰制度があります。目標にしているのは、その“年間1位”。その為にも、一人ひとりと向き合うことはもちろん、自分自身が仕事としても人間としても、認められ信頼される存在になることが大切だと考えています。「品田さんのチームでよかった!成長できた!」そう思ってくれるメンバーを一人でも多く育てていきたいですね。

応募する